ノートパソコンの選び方

最終更新日 2016年08月25日

メニュー項目一覧と概要

ノートパソコンのサイズ(A4サイズ、B5サイズ、モバイルサイズ)の特長や、使用用途による適したサイズの選び方について記載しています。サイズ次第で持ち運びしやすさと使いやすさのバランスがほぼ決まるため、特に外出先へ持ち運んで使用するなら、慎重にサイズを選ぶ必要があります。

ノートパソコンを購入する際は、まずはサイズを決めると後の選択が楽ですので、じっくりと考慮して選びたいです。
ノートパソコンに搭載される液晶モニターについて記載しています。画面に映ればそれで良いのであれば、液晶モニター関連の仕様を確認する必要はありませんが、液晶モニターの仕様次第で使い心地が結構異なります。

液晶モニターを重視して選ぶ際は、サイズだけでなく、光沢(グレア)か非光沢(ノングレア)どちらなのか、タッチパネル対応、解像度を見て選ぶのが重要です。
ノートパソコンに搭載されるキーボードの選び方について記載しています。ただ入力できれば良いのであれば、キーボードの仕様を確認する必要はありません。

しかし、キーボードは直接手に触れて操作する部分のため、ノートパソコンの使いやすさを大きく左右しますので、キーボードの仕様にも注目して選びたいです。キーボードを重視して選ぶ際は、小型で薄型なノートパソコンだと妥協が必要な点がありますが、特にキーピッチとキーストロークが重要になってきます。
ノートパソコンに搭載される CPU について記載しています。CPU の仕様を見て、自分の使用目的に合った CPU を選ぶ必要がありますが、CPU の技術進歩によって性能が随分と底上げされたため、日常利用に限るなら低性能な CPU で十分快適に使えます。

動画編集や画像編集、PC ゲームのプレイ等、CPU の性能の高さが重要になってくる使用用途の場合は、使用目的に応じて適切に CPU を選ぶ必要があります。
内容は、ノートパソコンに搭載されるメインメモリーの種類やそれぞれの特徴、またノートパソコンの使用目的に応じたメインメモリーの容量の決め方等です。快適な動作環境にはメインメモリーの容量が重要になってきます。
ノートパソコンに搭載されるストレージの選び方について記載しています。ストレージの種類には HDD と SSD がありますが、SSD の低価格化と大容量化が進み、徐々にノートパソコンに搭載されることが多くなってきました。

ストレージは HDD でも十分と言えますが、データの読み書き速度が速い SSD を搭載する事で性能が向上する等、様々なメリットがあります。また、使用用途によっては SSD の方が望ましいので、SSD のメリットやデメリットを把握し、自分の使用用途を考慮して、SSD 搭載ノートパソコンを選ぶか決めたいです。
内容はノートパソコンに搭載されるハードディスクの接続方式や回転数、スペックの見方について、またノートパソコンの使用目的に応じたハードディスクの容量の決め方等です。
ノートパソコンに搭載される SSD の選び方について記載しています。

SSD を選ぶ際は、容量が重要になってきます。SSD は容量あたりの価格が高いため、大容量 SSD を選ぶには十分な予算が必要です。

SSD 関連の仕様には、SSD の種類や接続方式もありますが、データ転送速度の速さを重視するなら、よく確認して選ぶ必要があります。
ノートパソコンに搭載されるストレージの RAID 構成について記載しています。ストレージを RAID 構成にする事で、データの読み書き速度の向上、データの安全性の向上を実現できます。

家庭用途ではストレージを RAID 構成にする必要性は低いため、ストレージが RAID 構成ではないノートパソコンを選んでも問題ありません。
ノートパソコンのパーティション分割の選び方について記載しています。

選ぶノートパソコンに搭載されているストレージの種類や構成を確認し、また自分のストレージの使い方を考慮して、パーティション分割をしておくとメリットになりそうなら、パーティション分割ありのノートパソコンを選ぶのがおすすめです。
ノートパソコンに搭載される光学ドライブの選び方について記載しています。

USB メモリーやメモリーカード等の記憶媒体の台頭、ソフトウェアや動画、音楽コンテンツのダウンロード提供が普及し、光ディスクメディアの使用機会が減ってきているため、光学ドライブは必須とは言えなくなってきています。

また、ノートパソコンの薄型化と軽量化が進み、光学ドライブを搭載しないモデルも見られるようになりました。 光ディスクメディアを使用するなら光学ドライブが搭載されている方が便利ですが、外付け DVD ドライブを用意して使用する手があるため、光学ドライブ非搭載でも問題ありません。
ノートパソコンに搭載される DVD ドライブの選び方について記載しています。

DVD ドライブ関連の仕様では、対応 DVD メディアと書き込み速度、読み込み速度が重要ですが、DVD ドライブは十分と言えるほど技術進歩したため、どの DVD ドライブも似たような仕様ですので、DVD ドライブを搭載しているかどうか確認する程度で問題ありません。
ノートパソコンに搭載される BD ドライブについて記載しています。BD は DVD よりも大幅に容量が大きく、大容量データのやり取りに便利です。

DVD ドライブ標準搭載のノートパソコンが多いですので、BD を使うなら BD ドライブを搭載しているか確認する必要がありますが、外付け BD ドライブを利用するなら、必須ではありません。

BD ドライブ関連の仕様では、対応 BD メディアが重要になってきますので、選ぶ際はよく確認しておきたいです。
ノートパソコンに搭載されるビデオチップについて記載しています。ビデオチップで描画性能が大きく決まりますが、技術進歩によって、どのノートパソコンも日常利用に困る事はまず無いほどの描画性能を持つビデオチップを搭載しています。

ただし、PC ゲームのプレイに使用する場合は、描画性能が不足すると最悪プレイできないため、ビデオチップに注意して選ぶ必要があります。
内容はノートパソコンに搭載されるネットワーク機能の選び方等です。特にモバイルが売りのノートパソコンに必須な無線LANのスペックの見方や使用目的に応じた選び方は重要です。
ノートパソコンの Bluetooth の選び方について記載しています。

比較的新しいノートパソコンなら、どのモデルにも Bluetooth が搭載されており、Bluetooth を利用すれば、マウスやイヤホン等をワイヤレスで使えて便利です。

Bluetooth の規格等によっては Bluetooth 接続で使える周辺機器が限られてきますが、別途で外付け Bluetooth アダプターを用意する手がありますので、ノートパソコンを選ぶ上で Bluetooth 関連の仕様について気にせずに選んでも問題はありません。
内容はノートパソコンに搭載されるメモリーカードスロットについてです。メモリーカードスロットがあれば、メモリーカードに保存されているデータの読み込みや、メモリーカードへデータを書き込む事ができます。
内容はノートパソコンに搭載される外部インターフェースについてです。それぞれの外部インターフェースの役割等を確認すれば、ノートパソコンの使用用途に応じて必要な接続端子についてわかってきます。
特に電源コンセントからの電源供給がない外部で使用する場合に気をつけたいバッテリーの選び方についてです。バッテリーは、購入時に選べない事が多いので、バッテリーを重視して選ぶ場合は、バッテリー駆動時間が長いバッテリーを初期搭載したモデルを選ぶか、別途でバッテリーが購入可能となっているモデルを選びたいです。
内容はノートパソコンを購入する際に付属するソフトについてです。パソコン購入時に初期インストールされているソフトについてや、パソコンと同時購入するとお得な価格で買えるMicrosoft Office系ソフトの選び方について知っておくと、最小限の出費で欲しいソフトがそろえられるでしょう。
内容は外出先でも気軽に地上デジタル放送が楽しめるワンセグ機能についてです。

キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜22%OFF等の8大特典
(5月31日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で28%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応フルフラットファインパネル選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で25%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(7月12日迄)




コラム - ノートパソコン

ノートパソコンQ&A

デル株式会社